事業承継・相続対策

相続税申告業務


 相続税申告を行って税務調査が来るケース:1/3
そのうち一般的に修正申告となるケース:85%
私たちは、相続人の方たちに
・”1円たりとも無駄な税金はお支払させない申告” ・”税務調査が入っても一切の修正を受けない申告”
を使命とし、日々業務に取り組んでおります。

申告業務の例

 相続税の申告は相続の発生から申告に到るまで10ヶ月を要する長期に渡る業務となります。一般的な相続申告の流れをご説明致します。
※個々の相続人の状況等で内容・時期等は相違等することとなります。

タイム
スケジュール
業務概要
相続発生
相続開始

  • 1 葬式費用の領収書等の整理・保管
  • 2 遺言書の有無の確認
  • 3 相続人の方々とのお打合せ
  • 4 遺産や債務の概要の把握

3ヶ月以内
相続の放棄・限定承認の期限

  • 1 相続人の確認
  • 2 相続人の青色申告承認申請書の提出
  • 3 相続人の消費税関係の届出書の提出

4ヶ月以内
所得税の準確定申告

  • 1 財産や債務の調査
  • 2 不動産の実地調査と評価
  • 3 相続財産の評価額と納税見込額の中間報告(1)


相続財産の評価

  • 1 遺産分割協議案の打合せ
  • 2 遺留分の侵害についての確認
  • 3 相続税の納税額と分割の案の中間報告(2)


遺産分割協議書の作成

  • 1 納税資金の準備等

    ※納税資金が不足する場合には、物納、売却すべき不動産の検討、 自社株式の発行法人への売却等の検討を行います。
10ヶ月以内
相続税の申告と納付

  • 1 遺産の登記手続き、名義変更手続き
  • 2 二次相続対策の実行
  • 3 相続人のライフプランの検討  等々



PAGE TOP