事業承継・相続対策
トップページ業務分野事業承継・相続税対策TOP > 財産評価・相続財産シミュレーション

財産評価・相続財産シミュレーション


イメージ図

財産評価・相続財産シミュレーションの意義

1.現状財産の適正な把握
財産・債務を全て、時価評価することにより、現時点の全財産の時価総額及び個別財産の個別の時価評価額が把握できます。この数字が、財産の相続人毎の振分を検討する際の基礎資料となります。
2.相続税の納税見込額の把握
現状の財産に対する、現時点での納税見込額を試算致します。試算結果から、納税するために必要な預金はあるか、物納出来る財産はあるか等、納税時のシミュレーションを行うことが出来ます。2次相続時の納税額についても、同時にシミュレーションします。
3.相続対策の基礎資料として
現時点の時価総額、納税見込額の試算が相続対策の出発地点になります。これらのシミュレーションから得られる各種の数値を元に、将来の相続に向けて実践的な対策を検討することになります。

PAGE TOP