企業情報

トップページ企業情報メールマガジン > メールマガジンのサンプル

メールマガジンのサンプル



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2011/ 4/28

◆  ITAC Information 11  ~税務情報・企業管理情報をその手の中に~
◇            From 税理士法人 池脇会計事務所(ITACグループ)
◆                        http://www.itac-g.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東日本大震災に被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
また、犠牲となられた方々のご冥福をお祈りいたします。
被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

┏◇今月(2011年5月号)の配信内容◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ ★税制トピック 「出資関係図の作成が必要になります」
┃ ★税務調査の知恵袋 「不正な経費の発覚!」
┃ ★適切な人事労務管理のために 「国の助成金制度」
┃ ★5月のカレンダー
┃ ★セミナー情報 「経理プロ養成講座(入門コース)」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
────────────────────────────────────
★【税制トピック】
  出資関係図の作成が必要になります
────────────────────────────────────
平成22年度税制改正により、グループ法人税制が施行されております。
この税制は、親子会社や兄弟会社を一つのグループと考え、そのグループ間の取引を
あたかも法人の内部取引のように捉える税制となっております。

このグループ法人税制について、3月決算から確定申告に添付する書類が増えます。
その添付書類が出資関係図です。国税庁のHPにその作成例があります。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/hojin/101006/pdf/01.pdf

この出資関係図は、原則的には当期末に完全支配関係があるすべての法人を記載する
ことになります。

子会社・兄弟会社などがある場合はもとより、親族間で法人を経営している場合には
この税制の対象になる可能性が高いです。

該当する法人は出資状況を再度確認していただき、出資関係図を作成いただきますよう
お願いいたします。

                         (文責:監査部 瀬下正範)

────────────────────────────────────
★【税務調査の知恵袋】
  経費調査手法あれこれ 「不正な経費の発覚!」
────────────────────────────────────
「分身の術・・・ですかねぇ?
  東京出張中の役員さんが、ススキノで接待をされている様ですが・・・」

これを皮切りに、旅費と交際費を徹底的に過去7年間遡り架空の出張旅費が発覚!
果ては、役員賞与に重加算。

極端な例ではありますが、やはり不正(うそ)は発覚(バレちゃう)するのが世の習い。

体にも良くありません、健やかな企業経営のためにも、お気をつけください。

さて、不適切な経費の発覚事例を例示致しますので、ご参考になさってください。
中には、悪気か無く混入してしまった例も多々あります。

~不適切経費の発覚事例~
  売上のない原価 ― 資材の横流しなど、横領事件に発展
  百貨店の領収書 ― 領収書の但書きと違う取引が、反面調査(発行店の記録)で発覚
  お歳暮等 ―――― 業務に関係のない親族等へ。送付状にて発覚
  休日のお食事 ―― 日曜祝日、盆暮れ正月等の食事など自宅近くで定期的
  家族の生活費 ―― 水道光熱費や通信費の中に混入
  分割請求 ―――― 固定資産を数回の請求に分けて経費へ。反面調査にて発覚
  請求書の先上げ ― 納品が決算後である取引が反面調査にて発覚
  請求内容変更 ―― 固定資産を修繕費名称に改ざんが、反面調査にて発覚 etc

例を挙げはじめるときりがありませんが、取引には必ず相手が存在し、
請求書や領収書上の記録だけでは隠しきれないものです。
税務調査は商売につきもの。
一度不正が発覚すれば定期的な調査対象となる事もしばしばです。
当然、度を超すと「法人税法違反で逮捕」という事にもなります。

くれぐれもご留意頂くと共に、今後とも、適正納税にご協力をお願い致します。

                         (文責:監査部 伊藤一郎)

────────────────────────────────────
★【適切な人事労務管理のために】
  国の助成金制度
────────────────────────────────────
国の助成金は改廃や時限立法が多く、タイムリーに情報を入手しなければチャンスを
逃すことになりかねません。
また、多くの助成金は事前に「計画届」を提出するものが多く、その時期を逃すと
折角の高額の助成金も活用出来ません。

今回はその中でも「創業」・「異業種進出」にかかわる助成金をご紹介致します。
これらの助成金の詳細は各々のホームページでご確認ください。
 
1.地域雇用開発助成金

 「創業」もしくは既存の会社が新たに「事業所を設置・整備」することに伴い
  人を雇い入れる場合が対象となるものです。助成額は40万~900万円です。

   http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/pdf/05.pdf

2.地域再生中小企業創業助成金

 地域再生分野(社会福祉、飲食店等の業種)の創業に伴い、人を雇入れる場合が対象
  となります。
  助成内容は6月より変更され、経費補助が最高500万円、一人の雇入れにつき60万円
  が支給されます。

   http://www.hokkaido-labor.go.jp/3topics/topics355.pdf

3.人材確保等支援助成金(中小企業基盤人材確保助成金)

 新分野(創業・異業種)に進出のため経営基盤の強化を狙い、中核となる人材を
  雇入れた場合が対象となります。一人につき140万円が助成されます。

   http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/b-top.html

             (文責:人事労務コンサルティング部門 佐々木一仁)

────────────────────────────────────
★5月のカレンダー
────────────────────────────────────
各種期日や当グループ主催セミナーなどの日程を盛り込んだ
5月分カレンダーが確認できます。
      
ご自分の会社の経理の締め日等を書き加えてご利用・ご活用ください。

      ↓  ↓  ↓
       
http://www.itac-g.com/mailmagazine/calendar/H23/May.pdf

────────────────────────────────────
★【セミナー情報】
────────────────────────────────────
------------------------------------------------------------------------
◆〔法人の経理担当者の方には!〕
   【経理プロ養成講座(入門コース)】を開催いたします
------------------------------------------------------------------------
給与計算、社会保険の各種手続きから、経理に必要な税法知識、普段の経理処理を
ちょっと効率的に行うコツ等幅広くレクチャーさせて頂きます。

開催日時 : 平成23年6月14日(火) 第3講開講
        毎回15:00~17:00で実施いたします。

  詳しくは↓下記ページにてご確認ください。
   ご興味のある講義を選択して受講できます。

https://d.blayn.jp/bm/p/aa/fw.php?i=itac_malmaga40&c=33&n=4

  第3回目は「固定資産購入時のポイントについて」
   間違い易い固定資産の取得時の取扱いについてご説明いたします。
   車両購入時の区分方法やリースの取扱いなどわかりやすく解説いたします。

 

─◇◇メルマガ編集・発行◇◇──────────────────────

   税理士法人 池脇会計事務所・ITACグループ各社 広報委員会
札幌市中央区南12条西15丁目4番3号
    代表TEL(お問合せ):011-551-2617(今野)
   HP:http://www.itac-g.com/
    Eメール:itac@itac-g.com
____________________________________

お申し込み方法


 申し込みボタンを押すと、登録画面が立ち上がります。

 メールアドレスをご入力頂き、登録ボタンを押して下さい。

 会社名・お役職・ご氏名をご入力頂き、登録ボタンを押して下さい。
     以上でメールマガジンの登録は完了です。

メールマガジン申し込み メールマガジン申し込み
PAGE TOP